デヴィッド・コパフィールド(4)

チャールズ・ディケンズ(著)、猪俣礼二(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

770円(税込)

病弱だったドーラは、病にかかるとまもなく死亡した。デヴィッドはアグネスの勧めにしたがって大陸旅行を計画する。だが、その出発前にエミリーに託された手紙をヤーマスのハムに届ける。未曾有の嵐がたけり狂うなか、難破船があり、ハムはその救助に向かって波に呑まれ、浜辺に打ち上げられた死体はスティアフォースのものと判明する。ミコーバー氏はペゴティー氏、エミリー、デヴィッドの元乳母のペゴティーらを連れてオーストラリアへ船出する。傷心のうちにヨーロッパをさまようなか、デヴィッドは自分の心はアグネスに惹かれていると自覚する。大陸で作家として成功したデヴィッドは、イギリスに戻りアグネスと結婚する。
デヴィッド・コパフィールド(4)

「チャールズ・ディケンズ」の本

もっと見る

「猪俣礼二」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示