ポンド氏の逆説

G・K・チェスタートン(著)、福田恆存(訳)

配信ストア
グーテンベルク21

550円(税込)

赤毛の巨漢で、いささかおっちょこちょいのアイルランド伊達男ガーガン大尉、外交官として名の知れたヒューバート・ウォットン卿、この2人と親交をもつ温厚なポンド氏の3人の話は、いつでも犯罪が話題になる。そして筋が通ったと思うとき、かならずポンド氏のクレームがつく。思ってもみなかった真実が逆説のなかに浮かびあがる。ボルヘスも感嘆したという「三人の騎士」ほか、チェスタートンの逆説が冴えわたる8編からなる短編集。
ポンド氏の逆説

「G・K・チェスタートン」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示