資本主義の変質本文

配信ストア
岩野正宏

108円(税込)

アメリカは利上げに向かっているものの、世界の多くの国では20世紀末頃から金利の低下傾向が続いている。
人類はその頃から構造的な供給過剰という問題に立ち向かわざるを得なくなったのである。生産から所得が得られない時代になると、
資本主義には抜本的な変化が求められることになるだろう。
資本主義の変質本文

このストアについて