IT時代の歩き方

中山幹夫(著)

配信ストア
中山研究室
発行日
2012年3月3日
ページ数
211

0円(税込)

IT技術者から文系の大学教員に転職した著者が、ビジネスと教育、文系と理系の枠を超えて、新時代における個人の生き方を探る。その鍵は変化と開放、競争と協力、挑戦。

古臭い価値観は、変化を嫌って閉鎖的、既得権のための競争の排除、パートナーである企業と顧客への裏切り、思考停止の従順と空っぽ頭の協調性、変化を嫌う個人。しかし新時代の価値観は真逆である。変化と開放、既得権打破と顧客のための競争、パートナーである企業と顧客との協力、建設的個性と創造的協調性、そして挑戦。

10年前に書き下ろした時、「失われた10年、日本は国の借金を増やし景気対策で公共事業を拡大した。その結果、景気は回復しなかった。それでもまだ景気対策で公共事業を続けた。馬鹿の一つ覚えみたいに、押しても開かないドアを押し続ける」と書いた。それからまた10年の月日が流れたが、旧態依然とした日本の体質はいまだに変わっていない。まるで20年間、日本の時計の針は止まっているかのようだ。しかし2011年に書いた『原発と放射線』が多くの人に読まれた時に、時代と市民に激変を感じた。情報社会における個人のありかたを探った本書はその原点である。

なお本書は、2002年の発行当時に週刊ダイヤモンドや日経PC21など各誌で紹介されたの同名の書籍『IT時代の歩き方』の絶版(2012年)に伴い、電子書籍として発行したものです。本電子書籍は本の装丁である『表紙』と書き出しに追記した『本書について』『電子書籍出版にあたって』以外は、前述の書籍と同一です。

無料公開 (電子書籍として国立国会図書館に納入済)
登録不要で閲覧、ダウンロード、印刷できます。
引用はもちろん、複製、転載も承諾不要でご自由に。
(出典明示、改変禁止)

======== 目次 ========
はじめに

第1部 IT時代の歩き方
 1  『勝ち組』『負け組』の発想はもうたくさんだ
 2  みんなが勝てる
 3  競争が協力を生む新しい関係
 4  ITバブル崩壊は新しい時代の日の出
 5  新しい時代への挑戦
 6  利用者が時代の主役に
 7  生き方を変えるチャンス
 8  顧客と共に生きる
 9  協調性と知識が変わる
 10  IT時代の宝探し
 11  IT時代の生活者
第2部 これからITを学ぶ人のために
 A  ITの学び方
 B  コンピュータと人間
 C  情報倫理
 D  IT社会への疑問に答える
 
IT時代の歩き方

「中山幹夫」の本

もっと見る

このストアについて