琉球王国の占い師 むくたうふとぅち 照屋唯志 作品集

照屋唯志(作・絵)

配信ストア
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks
出版社
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks
シリーズ
琉球企画
発行日
2016年6月9日

1,011円(税込)

この話は、沖縄県が、昔、独立した「琉球王国」だった頃に実在した「占い師」の物語です。今から約500年前、むくたうふとぅち(木田大時)は、沖縄本島の南部、今の南城市に生まれました。幼い頃から、不思議な力を持っていて、成人した頃には、その「神通力」で村人たちを病気やさまざまな出来事から救っていました。ある時、その噂を聞いた王様が、むくたうふとぅちを首里城に呼び、病気になった王子を救ってくれと頼みます。その後、「むくた」は神通力を使い見事に病気を治したのでした。結果、「むくた」は首里城で働く事に。そころが、その後、陰謀ともいえる出来事が起こります。結果的には数奇な運命を辿ることになるのですが、その事の流れにおいて、人間の持つ感情「妬み」「うぬぼれ」「疑念」「反省」という根本的な心の動きが埋め込まれているストーリーに仕上がっています。この心の動きは、普遍的で現在でもありうる感情です。もしかしたら、いじめの根底にある感情なのかもしれません。まずは、一読して確認して頂くと幸いです。
また、最後のページには、「むくたうふとぅち」が生まれ住んでいたといわれる「屋敷跡地」の写真と簡単な説明文が記載されています。(英訳もついており英語教育にも役立ちます)
琉球王国の占い師 むくたうふとぅち

「琉球企画」の本

もっと見る

「照屋唯志」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示