近世沖縄の素顔

田名真之(著)、名嘉睦稔(画)、西山ゆみ(デザイン)、秋山夏樹(企画)、おきなわ文庫(発行)、近代美術(製作)

配信ストア
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks
レーベル
おきなわ文庫
シリーズ
おきなわ文庫電子版

926円(税込)

*紙本からテキスト起こしをおこないました。一部誤字、体裁のくずれなどありますことをご了承ください。 近世沖縄の素顔 本書は一九八一~九四年の間に新聞・雑誌等に掲載したコラムや雑文、それに講演録をまとめたものである。 琉球の諸家譜から拾い集めたエピソードで、人と門中について記し、近世を代表する人物として羽地朝秀と程順則についての講演録を起こし、沖縄と周辺諸国との関係の断面についての小論を併せた構成となっている。 ●本書は1998年にひるぎ社より刊行された作品を、著者たちの協力のもと電子書籍として復刻したものであり、底本を元に加筆・修正している。 ●ひるぎ社『近世沖縄の素顔』(1998年3月15日 初版発行)に基づいて制作されました。 今回の復刻にあたって、たくさんの先生方、故人にあたってはご遺族の方々に多大なご協力をいただきました。代表として、相談役を引き受けて下さった高良倉吉先生に心よりお礼申し上げます。 秋山夏樹
近世沖縄の素顔

目次

目  次 一章 家譜から見た人と門中   家譜点描    トートーメー雑感/嫡子押込/兄弟重合/他系混淆/女元祖/婿養子/屋 取/屋取と家譜/屋取と詐欺師/屋取と村人/流 刑/流 刑 Ⅱ/気随意者/友寄安乗/地保奴(ちほぬ)/二年一貢/南明政権と沖縄/士族の困窮/凶作と酒造り/抜 荷/士族の人口/士族の人口 Ⅱ/士族の人口 Ⅲ/事大主義と空道   沖縄の名前   沖縄のむら   門中の話 二章 近世を彩った人物   羽地朝秀と「羽地仕置」   程順則と『六諭衍義』 三章 近世点描   郭汝霖の五言絶句   沖縄から見た薩摩侵攻─その後の沖縄   福州琉球館と脱清人   沖縄─台湾 交流の前提   沖縄の歴史と首里城 初出一覧 あとがき あとがき ―電子版によせて―

「おきなわ文庫電子版」の本

もっと見る

「田名真之」の本

もっと見る

「名嘉睦稔」の本

もっと見る

「西山ゆみ」の本

もっと見る

「秋山夏樹」の本

もっと見る

「おきなわ文庫」の本

もっと見る

「近代美術」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示