サシバ日和

謝花勝一(著)、名嘉睦稔(画)、西山ゆみ(デザイン)、秋山夏樹(企画)、おきなわ文庫(発行)、近代美術(製作)

レーベル
おきなわ文庫
シリーズ
おきなわ文庫電子版

926円(税込)

*紙本からテキスト起こしをおこないました。一部誤字、体裁のくずれなどありますことをご了承ください。

サシバ日和

一九七二年五月の日本復帰後に特にサシバ(タカ)の捕獲は禁じられ、密猟は取り締まりの対象になった。かつて私自身が体験したタカ獲りを一つの歴史的な習俗として記録し、さらにサシバ、あるいは地球上の「共生」を考える材料にしたいと思い、本書を著すことにした。

●本書は1997年にひるぎ社より刊行された作品を、著者たちの協力のもと電子書籍として復刻したものであり、底本を元に加筆・修正している。

●ひるぎ社『サシバ日和』(1997年5月15日 初版発行)に基づいて制作されました。

今回の復刻にあたって、たくさんの先生方、故人にあたってはご遺族の方々に多大なご協力をいただきました。代表として、相談役を引き受けて下さった高良倉吉先生に心よりお礼申し上げます。
秋山夏樹
サシバ日和

目次

目  次

はじめに

サシバ・海を渡るタカ

  飛行航路/標識調査/ケージの中のサシバ

ツギ(捕獲小屋)と漁り

  ツギの作り方/バナの作り方/猟の記憶/遊びとサシバ

サシバの周辺

  サシバと伊良部の自然/与論のサシバ/サシバは友達だ/特異な景観の島伊良部町

詩歌の中のサシバ

  島曳きの鷹/響むタウガニ/サシバをめぐる論評/サシバを守る人は……/サシバにやさしく

素敵な生き物たち

  キジバト/ウズラ/セスジツチイナゴ/カラスの住む島/畑の魚・キシノウエトカゲ/アフリカマイマイ/アマン・可愛い生き物/美味な猛者・マクガン/茅の小鳥/バウ(蛇)は天にも/エラブウミヘビ/ヤマネコ/粟国島にいた宮古馬/ンータの代表/季節の食草/山の巡査/幻のトンビャン

美かぎ島すま伊良部

  御嶽─原初の祈りの森/通り池/「エコロジー的思考のすすめ」を読んで/生き物と俚諺

終わりに

資料  県立伊良部自然公園指定理由

参考文献

「おきなわ文庫電子版」の本

もっと見る

「謝花勝一」の本

もっと見る

「名嘉睦稔」の本

もっと見る

「西山ゆみ」の本

もっと見る

「秋山夏樹」の本

もっと見る

「おきなわ文庫」の本

もっと見る

「近代美術」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示