インドから沖縄にやって来た! 聖なる菩提樹 2300年ぶりにインドから持ち出され、沖縄に来た、お釈迦様の菩提樹のお話です。

照屋唯志(文)

配信ストア
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks
シリーズ
琉球企画

1,011円(税込)

この絵本は、世界で4カ所にしかない菩提樹が沖縄にやって来た話です。
あらすじは、約2300年前にお釈迦様が悟りを開いたといわれている「菩提樹」が沖縄にやってきた経緯をドキュメンタリータッチで描かれた絵本です。通常なら考えられない方法で実現できたこの奇跡の物語は、1人のお医者さんの「平和」への熱い思いからはじまりました。その熱意がさまざまな人を動かし、結果的には「インド国」をもその「思い」に賛同し、多く戦争犠牲者を出した地、沖縄に菩提樹の苗木を持ってくる事になったのです。また、本の中では、お釈迦様の生い立ちや菩提樹の下で瞑想したシーンなど、多少、お釈迦様についての情報も挿入されています。
また、最後に資料編ページを設け、菩提樹が植樹されている沖縄県糸満市米須の地図や菩提樹についての解説がなされています。
この絵本は、仏教の本としてではなく、全世界の永遠のテーマでもある、「恒久平和」が大きなコンセプトとして事実を基に創作された作品です。一人でも多くの皆さんに、一読して頂ければ幸いです。(英訳付きで英語教材としても使えます)
インドから沖縄にやって来た! 聖なる菩提樹

「琉球企画」の本

もっと見る

「照屋唯志」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示