琉球王国時代に金武観音寺を建てたお坊さん 日秀上人

照屋唯志(文)

配信ストア
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks
シリーズ
琉球企画

901円(税込)

この絵本は、沖縄県の中部、金武町にある「金武観音寺」を建てた「日秀上人」の物語です。実は、この「日秀上人」は、和歌山県の高野山から、那智勝浦に下り、ここ沖縄に来たと言われています。どのようにして、ここ沖縄に辿り着き、何故「金武観音寺」を建てる事になったのか、絵と文を見ながら、流れがわかるようになっています。琉球の歴史でも有名な「琉球八社」の再興にも携わったといわれている「日秀上人」が辿った道には、謎が多く、諸説ありますが、この本は、子どもからお年寄りの方にもわかりやすい絵本にするため、多少創作も加え仕上げてあります。
それから、本文の最後には資料ページを設け、「観音寺」の特殊な建造物の説明や、戦争でのエピソードなども記されております。すなわち、1冊で二度楽しめる絵本なのかもしれません。
琉球王国時代に金武観音寺を建てたお坊さん 日秀上人

「琉球企画」の本

もっと見る

「照屋唯志」の本

もっと見る

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示