観光会議おきなわ_vol.22_春夏号 議論をすれば企画が出てくる

配信ストア
沖縄発の電子書籍ポータルサイト沖縄eBooks

0円(税込)

日本国内での観光産業のあり方やアフターオリンピックに向けた取り組みが議論される2020年、沖縄観光も大きな転換期を迎えます。3月には那覇空港の第二滑走路が運用開始となり、年間発着回数は、現在の13万5千回から約1.8倍増となる24万回が見込まれています。観光客増加に伴う沖縄県の受け入れ態勢強化や観光コンテンツの充実、質の向上など次世代の観光産業のあり方が求められています。今、現場は何を考え、どこを目指していくべきなのか、一緒に考える機会となれば幸いです。
観光会議おきなわ_vol.22_春夏号

このストアについて

ジャンルから商品を
さがす

すべて表示

シリーズから商品を
さがす

すべて表示